http://weidg5.sa.yona.la/31 | weidg5 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

http://weidg5.sa.yona.la/31

返信

小さな鬱屈が今日も世の中の片隅に積もっていく。

静寂が彼を包み、孤独がその身を苛む。

与えられたもので胃袋を満たしたのはいつだったろうか。まるで無縁な愛に思いを馳せて一日を終えたのだ。

誰も恨まず生きてきた彼は人知れずそっと自嘲の笑みを浮かべた。俺は何も持っていない、と呟く。

手のひらに残る感覚は、数日前の人の温かみ。コンビニの店員との数少ない会話が脳裏をよぎった。

例えば自分も誰かの為に動いてみるのはどうだ。自問自答の後に気付かされたのはその経験の少なさだった。

体にまとわりつく衣服を切り裂きたい衝動に駆られる。そうすれば、何かから解き放たれる気がしたのだ。

自由を得た体が空気に晒される。彼は慣れた手つきでテレビのリモコンを手にするといつもと同じ動作でボタンを押し電源を点ける。

健康的な肉体に宿る不健全な精神が、劣情を満たそうと本能に作用していた。男としての能力は、まだ眠れず燻る。

投稿者 weidg5 | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.